テーマ:

野バラの実と、紫色のアレンジメント

花屋さんにも、実ものが出てきました ちょっと秋を感じ始めます 野バラの実と、クルクマ、リンドウ、トルコキキョウの 少しずつ色味の違う紫色の花々を生けました 野バラの実・ヒペリカム・リンドウ・トルコキキョウ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

るり玉アザミ、クルクマの生け花

クルクマは暑い時期によく使います 黄緑色、薄ピンク、今回のよう赤紫色・・ 色のバリエーションも多くなってきました 大好きな大きなガラスの器に るり玉アザミ・クルクマ・チース
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダリアとユリの生け花

とにかく、降って降って降って・・ デス・・ ユリのシーズンですね 種類も豊富です! 白のユリと、橙色のダリア、そして反対色のスターチス の生け花です!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローズリリー・ベロニカいっぱい!!

久しぶりにユリを買って、生け、 つぼみが開き始めると・・ なんと八重咲きで、豪華なこと!! 「ローズリリー・ベロニカ」という品種でした 一緒に生けたアジサイも、 「スプリングエンジェル・ピンクエレガンス」 で本当にかわいらしい・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大アジサイとユーフォルビアのアレンジメント

一目ぼれした大輪のアジサイ スプリングエンジェル・ピンクエレガンスという 名でした 紅梅色のトルコキキョウ、ユーフォルビアと 華やかかわいい作品です スプリングエンジェル・ピンクエレガンス トルコキキョウ・白・ピンクガーベラ・ ユーフォルビア・アストランチャ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フサスグリと芍薬の生け花

交流戦。 ソフトバンクに続き、西武と対戦ということも あるでしょうが・・ ダブルスチールとか、3盗とか、そんな簡単に されるー?? さて、 枝物にフサスグリを使いました 透き通った赤い実が、とてもきれいです 芍薬はこの色が好きです かわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アナベルの水活け

3年前に植えたアナベルも、年々咲く花の数が 増えてきて・・ 美しさもかわいらしさも兼ね備えた花ですね~ かくれんぼしている白い小さな花はドクダミです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花菖蒲の流儀花

菖蒲というと、葉だけなんですって 花がつくと、花菖蒲 久々に、花菖蒲の流儀花を生けました 葉の組み合わせ(重ね方、枚数)と、 葉先のつめの向きに法則があります
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビバーナム・スノーボールとバラのアレンジメント

きれいな色のバラを見つけて、 これを主に、大好きなビバーナム・スノーボール とのアレンジメントです ハート型、足付のブリキ調の大好きな花器に ピッタリでした ビバーナム・スノーボール スプレーバラ・バラ(黄)・アイビー
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菖蒲と丹頂アリウムの生け花

GWに入りました🎏 前半の天気が良いようなので、色々片付け ないと! です 就活中で忙しい娘ですが、久しぶりにお花の 稽古をしました 丹頂アリウムは「へ~ おもしろい」と 気に入ってました 菖蒲・丹頂アリウム・撫子・鳴子ユリ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モッコウバラと庭の木々の生け花

モッコウバラの誘引をそこそこにしていたら、 巨大生物のようになってしまいました そのモッコウバラをほんの少しと、 今、小さな花々を咲かせている姫シャリンバイ、 紅カナメモチと小品花に生けてみました 黄モッコウバラ・鳴子ユリ・姫シャリンバイ・ベニカナメモチ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユリノキとガーベラのブーケ

しとしと雨の土曜日です☂ 生け花の研究会に参加すると 基本、流儀花を生けます 今回の花材が「ユリノキ」でしたが、たくさん 余ったので、花々を合わせて小さなブーケ を作りました ユリノキ・ガーベラ・ユーカリグニー・カーネーション ブプレリューム・ラナンキュラス
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホワイト&アイボリーのアレンジメント

今夜は、きれいに満月が見られました 娘が3~4才の時、夜のドライブ中に、 「ねえ、なんでお月さん、ずーっとついてくるの?」 って聞いたことが、ふと思い出されました 白・アイボリーのみの、アレンジメントです 気分的にそうなりました! ガーベラ・トルコキキョウ・スプレーバラ・ルスカス かすみ草 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガラスの器の生け花 青・黄の花々

今年初のガラスの花器への生け花です 大好きな反対色の組み合わせでの花選び しました デルフィニウム・キイチゴ・ベロニカ(ルリトラノオ) タニワタリ・スプレー菊(黄色)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビニールバッグの春花アレンジメント

家の前の畑の梅が満開です! 淡いピンク色で、華やかです~ アレンジメントもかわいく、華やかに! ビニールバッグに吸水スポンジを入れて 色とりどりの花を入れました チューリップ(紫・黄) ラナンキュラス(黄・白・ピンク) フリージア・ストロベリーキャンドル・アルストロメリア 葉蘭・ガーベラ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早咲き桜と、春の花々の水活け

この冬は本当に寒い日が多く、 春が待ち遠しい限りです 花屋さんで、早咲き桜を発見 他色々な花を合わせて、水活けにしました 花は、春近しです 桜・フリージア・スイートピー・サンデリアーナ チューリップ・菜の花
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤芽柳、ドラセナの花束風アレンジメント

久しぶりに、花屋さんお任せで、生け花用の花材を 依頼してみました やっぱり、ナイス!!とはいかず・・ 他の花を足して、アレンジメントにしました✿ なので、和洋折衷な感じです 赤芽柳・ドラセナ・フリージア・マーガレット・ヒペリカム スイートピー・スプレーバラ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二つの器で、イエローベースアレンジメント

お正月の花も終わり、今年初めての アレンジメントです 黄色・オレンジ色の鮮やかなガーベラに、白の デンファレ、濃黄緑色のスプレーマム、山吹色の ミニバラを敷き詰め アンスリウム・ベアグラスで変化をつけました パッと鮮やかな色が気分を上げてくれます
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焼き豚&万年青(オモト)の生け花

大晦日は午前中に筑前煮を作り、おせち関係は 終了し、昼に年越しそばを、そして夜はすき焼きで 一年の”食”を締めくくります おせちの一品にオススメの焼き豚です 一晩調味液に漬けておいて、オーブンで焼くだけ ですが、簡単・しっとり・美味しくできます 生け花は、「長寿」「長命」「母性の愛情」・・という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

練り切り菓子「玉椿」&紙コップでクリスマスアレンジメント

もう花屋さんは、お正月用の花材ばかりになって いました! なので、赤&白の花もあり、イクリスマスイヴ・イヴ に、紙コップアレンジメント作りました 紙コップに葉蘭を巻いています 白トルコキキョウ・深紅ガーベラ・スプレーカーネーション グレコマ お稽古用の主菓子に 練り切りの「玉椿」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポンポン菊とソリダスターのブーケ

夫は菊が好きではありません・・ 生け花を習っていたときは、よく花材に入って いましたが、教えるようになって、自分で 花選びをするようになってからは、ほぼ使わなく なりました でも、この頃はポンポン菊の種類も多いの ですよね~ 今回は色・サイズお違うポンポン菊を使っての ブーケです♪ ○がいっぱいです! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫式部・寒色の花々とドラセナのアレンジメント

鮮やかなグリーンのドラセナと、 紫・赤紫・水色の寒色系の花々とを 一緒に生けました 一晩で、紫式部の実が弾けて、さらに ボリュームアップしました! シックな色のブリキの器とも相性良しです♡ ドラセナ・紫式部・金魚草・ブルースター スターチス
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パープルのカラー、アルストロメリアの生け花

花屋さんにも、ハロウィンを意識した花材が増える この頃 今回は紫や深紅の色のものが目につきました🎃 「フィロデンドロン・ブラック」 初めて出会い、使ってみました 紫のカラー・アルストロメリアを合わせて、 ベアグラスの曲線で変化をつけました 器とも合い、シンプルモダンに仕上がりました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲龍柳、シンフォリカルポスのピンク色アレンジ

結婚して以来、 ダイニングに家族全員の予定を書いた カレンダーをずっと掛けています 今は、夫婦二人&たまに娘の予定が 書かれるになりましたが・・ 昨日、来年用のそのカレンダーを買いました まだ、今年は3か月あるのですがね 雲龍(ドラゴン)柳が好きで、見ると選んでしまいます 今回はかわい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more