テーマ:食器

村上直子さんのオブジェ 「家 ie 」シリーズ

信楽焼きの作家さん 村上直子さんのオブジェ ~家 ie シリーズ~ 最近、断捨離ブームで物を増やさないポイント は 「かわいい!」という判断で物を買わない と・・ あるアドバイザーさんが言っておられましたが でもこれは買ってしまいました オブジェとして置いても、 ペーパーウエイト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輪花の器 ~萩焼の小鉢

「令和」始まりました 私の「平成」は結婚に始まり、出産・親との別れ・・ 子育ても色々大変だったなぁ~ これから又どんな人生が続くのか! 加齢と?!とともにフェイドアウトしていくのではなく、 まだ新たなチャレンジはしたいです ネットオークションで一目ぼれした輪花の器❁ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコブルーのお皿 

昨夜は初めての歌舞伎鑑賞に行きました 1度鑑賞したぐらいで、何を述べようか・・ ですが、学ぶべきことが多し!!という 奥深さを感じたとともに、 市川海老蔵。 さすが!という単純な感想 そして今朝は初めて「アテモヤ」という果物を 食べました! 沖縄土産でいただいたもので、クリーミーで 控えめな甘さ。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土楽窯 黒鍋の蓋

13年前に購入した 土楽窯の黒鍋(一尺サイズ) 我が家では、すき焼きの時に登場する鍋です フタは別のものでずっと代用していましたが、 この度、「ようび」さんにて購入しました ピカピカしています~ さっそく使わなくては!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はじめましての器 色々・・

6月の地震で10数個の器が割れました 吹田市で新たな器屋さん「陶和」さんを見つけ、 初めての作家さんのもの。 そして東京に行くとつい足を運んでしまう、 「暮らしのうつわ 花田」さんで 小川佳子さん、林京子さんのものを。 こちらは娘が自分使用のものを、 自分で選んでいました ちょうど「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんごの形のお皿

夜中の3時に起きての、一人観戦でした 何はともあれ、お疲れさまでした! そして、ありがとう! です 7~8年前、息子が高校生の時、サッカー好きの 友達が「日本のサッカーの歴史から計算すると、 世界のレベルに近づくのは40年後ぐらい」と言って いたのを思い出しました・・ まさにトップレベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくらのワイン&鎌倉彫のワインカップ

「さくらのワイン」というものをいただきました ロゼに桜の花を浸したものだそうで・・ なんとも、かわいらしい見た目です♡ 飲んでみると甘く、飲みやすいので デザートワインですね~ 只今、国産ワインを色々試しています 今のところ、手に入りやすいものばかりですが、 レアなものもあるみた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

new 皿 スクエア形

生協さんのカタログでも、 最近はおしゃれで、こだわりのある雑貨等も 紹介されるようになりました 今回は初めて食器を買ってみました カタログを捨ててしまったので窯元が わからないのですが、好きなスクエア形(20×20)で、 色も、マットな白とと飴色で使いやすそうです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長いおつきあいの物・・ WECK保存容器

ドイツ製WECKの保存容器 ガラス製&デザインが好きで、ずっと使っています 今回プラスティック製のフタが割れてきて、 あ~買わなくちゃ。と思っていて、 昨日やっと梅田の東急ハンズで買うことがでしました (私は「Loft」より、ハンズ派です) で、なんとシリコン製が販売されていました! 試しに使ってみます
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐津焼 炎群(ほむら)工房のうつわ

先日、夫が甥の結婚式で、福岡に行って おりました 時間があり、唐津まで足を延ばし、 唐津焼の器を買ってきてくれました 6寸の浅鉢で、色柄共に使いやすそうです 器ににハマりだした頃は、こういった 色の土ものが好きだったなぁ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女流作家の器・・ 

豊中の旭丘にあるうつわ屋さん 「utsuwa 11」で行われていた、 女流作家二人展「佐藤もも子&石原ゆきえ」 繊細な絵付け、メルヘンチックなデザインを される、佐藤もも子さんの器には以前から興味が あり、今回初めて購入しました 使いやすい5寸皿&藍色の木瓜形の3寸鉢 そして、石原ゆきえさんの、 かじられたリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山岸厚夫さんの汁椀

雨の匂いと共に、雨が降って来ました 本当に久しぶりの雨です。。 家族の汁椀には、 山㟁厚夫さんの「まり碗」を使っていますが、 この度、来客用にシンプルな汁椀を買い足しました 定番の形で、重なりもよく、より実用的に 使えそうです! 後ろに控えているのは、山㟁氏の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三つ足陶器 茶こし置き

宮島で泊まった宿「岩惣」で、使われていた 陶器製の茶こし置き 実家で餅つきの時に使っていた、 石のうすにに似ているなぁ~ と まず思いました   ステンレス製の茶こしもおしゃれで、 来客時に使いたいと思い、宿の売店に 置かれていたので購入しました           …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりに、曽根崎「ようび」さんの器

昨日、雨が途切れることを願って、 桜ノ宮公園の桜を見に出かけました OL時代、この時期環状線の車窓から見ていた、 川辺に連なる桜並木・・ その前に、こちらも15年はご無沙汰しているで あろう、曽根崎の「ようび」さんへ 土楽窯の松葉碗 染付で最初に惚れ込んだ、藤塚光男さんの 菊花紋碗 4寸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箸置き付き、スプーンレスト

先日、お伊勢参りに行ってきました 何度行っても、おかげ横丁は歩いていて、 楽しい気分になります そのおかげ横丁にある、器などを中心に 置いている雑貨屋さんでしょうか 「だんらん亭」 お店の奥のテーブルの上に、お正月の 器と共にセッティングされていた、スプーンレスト{…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸術の秋満喫・・・ 大山崎山荘美術館~星野道夫の旅

大山崎山荘美術館 開館20周年記念 「クロード・モネ」展 写真家・星野道夫 没後20年回顧展 と、たまたま20年がキーワードの展覧会二つに 行ってきました 大山崎山荘は当時・近年の建造物、 庭も和・洋。 それらの融合、対比も大きな魅力です もちろん、所蔵品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パフェ用グラス

ずっと欲しいと思っていた、パフェ用グラス 家で使うので、あまり背が高くなく、あまり繊細でなく 、あまり高価ではなく・・ と思うとなかなか良いものに巡り合わず で、近所にある「GEORGE’S」ジョージズという 雑貨屋さんで見つけました おそらく、パフェ用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箸置き色々・・ 並べてみました

結婚したての頃、陶芸体験に行きました で、私が作成したのが「はし置き」数点 陶芸教室の先生に「体験で、はし置きを作られた方は初めて です」と言われました。。 今でも残っているのは、写真左上のものと、中央下寄りの 渦巻のものです ちょこち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多治見から知多半島へ・・

初めて「青春18きっぷ」を使い、列車の旅に出ていました 多治見では美濃焼、織部の食器に目移りし、縁起の良い カニの模様のお皿を含め数点購入しました(カニの鋏が 悪いこと、断ち切ってくれるとか??) 作者は佐藤和次氏と、息子さんの正士氏(マグカップ)、 中垣蓮司氏のもの。 でもこの多治見、ほん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はじめまして。カップ&ソーサー

「UTSUWA11」という豊中の器屋さんで、 女流作家さんの作品を集めた展示会があり、 以前から気になっていた、前田葉子さんという方の カップ&ソーサーを購入しました カップとお皿は別売りですが、もちろんセット使いも OKとのことで、私にしては「メルヘン」な 夢のある、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

器の「金継ぎ」 初挑戦!

私が器に興味を持ち、好きになものを集め始めた頃は 手に取るものは、土もの。 が圧倒的に多かったです あたたかみがあり、素朴な風貌に心惹かれましたが 日常使いにすると・・ なんと欠けることが多いこと・・ 器屋さんのオーナーさんに勧められ、磁器ものにも 目を移し、またこれが使いやすく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石原焼、太田哲三さんの器 

持っている洋服は、紺・グレー・白・黒が多いので 小物に黄色や赤色を使うことが好きでした 食器も白地に青の染付や、土ものが多いので、 最近色のついた器が欲しいなあ~ と思っていたところ 梅田の阪急百貨店で「民藝とくらす」というイベントが 開かれていて、いい感じの黄色い器を見つけました{%びっく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「豆皿」たち

今朝の 「あさいち」で豆皿特集が放送されていました で、うちの「豆皿」を出してみました 箸置きにも使えて、高価なものや季節の物でも一枚買いできるし、そういった買い易さも手伝いずいぶんあるものだなあ・・と。 一番の用途は、和菓子を出すときでしょうか お抹茶…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

箕面の滝&九谷青窯の器

2~3年に一度は訪れる、箕面の滝 箕面の駅から、約2.8kmというほどよい距離で、季節がよければ気軽に歩ける山道です 紅葉のシーズンにはとても混雑する道も、午前中ということもあって今日は人も少な目でした 道中にある、cafe&galleryの「ゆずりは」さんでなんと大好きな「久谷青窯」の展示会があり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長いおつきあいの物・・ 山岸厚夫さんのまり汁椀

かつて近所にあった、器屋「萌木」さんで出会った山㟁厚夫さんの塗りもの 塗りものといえば、ピカッとした艶のあるものだとばかりと思っていましたが、この山㟁さんの作品は 刷毛目が残っている、マットな感じで、温かみを感じるものでした 茶托、盛り鉢を購入・・ そして、この汁椀は使い始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京土産

娘の好きなアイドルグループのコンサートが東京であり、一緒に行くはずだった娘の友達が行けなくなり 代理で私が行くことになりました 行くとなったら、せっかくだし美味しいものを・・ と色々調査の上計画を立てて出向きました 最近話題の谷根千巡りでは、かねてより行ってみたかった「松野屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツナ玉丼

常備缶詰 「ツナ」を使っての、丼です 親子丼より、より簡単ですが味はです <材料> 2人分 ツナ   小1缶 玉ねぎ 200g   繊維と直角に5mm幅に切る 卵    2個 水    180cc しょうゆ 大2 砂糖   大1 1.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひじき入りハンバーグ

煮込みハンバーグを作ることが多いですが、今回は焼きハンバーグを作りました ひじきを入れたら、見た目にも、食感にも変化がつきました <材料> 4人分 合挽きミンチ   300g  塩小1/2・こしょう少々・ケチャップ大1を加えて混ぜておく 玉ねぎ       150g  みじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お友達へのプレゼントに・・大井寛史さんのカップ&ソーサー

先週、娘の好きなアイドルのコンサートの付き添いで福岡に行ってました 大阪でのチケットが取れず・・・で、遠征とか言ってなんとも大そうな事です  でも、せっかくなので、久しぶりに子どもの幼稚園時代のママ友に会ってきました~ 美味しいお寿司をごちそうになったので、お礼に器を送ることにしました{…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実家からの古い食器たち・・

実家に行くと「これ持って帰っておき」と母からちょくちょく年代物の食器をもらい・・ 明治時代ぐらいからの日常使いの器で、別に高価なものではないでしょうが、やはり味わい深いものを感じます
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more