テーマ:食器

実家からの古い食器たち・・

実家に行くと「これ持って帰っておき」と母からちょくちょく年代物の食器をもらい・・ 明治時代ぐらいからの日常使いの器で、別に高価なものではないでしょうが、やはり味わい深いものを感じます
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の器・・・読谷村焼

沖縄でよい食器があれば・・と娘にお願いしました 何せ修学旅行なので、器が売っているような所になかなか行けなかったようですが、水族館・国際通りで2種類のお皿(魚柄は金城敏幸さんが作者だそうです)と、なんとかわいい夫婦??シーサーを買ってきてくれました
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新しい紅茶ポット

12年間毎朝紅茶を入れるのに使っていたポット。欠けが3か所、ひびが4か所でき、もうそろそろ新しいポットを・・と思いつつ、なかなか気に入るものと出会わなかったのですが、ようやく見つけることができ、新旧交代となりました 手持ちの食器でもいくつか使わせてもらっている作家さんの、古賀雄二郎さんによる白磁しのぎポット。これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輪花の器・・・

15年前、近所に器屋さん(うつわ萌木・今はなくなりましたが・・)ができてから、食器収集にすっかりはまり・・・輪花の可愛らしさが大好きになりました フリルの部分が欠けやすいのが難点ですが 一番最初に買ったのは鉄絵千鳥文の輪花皿(左中)です。この頃は土物が好きだったかな
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うちのポット達

今朝の新聞で「ある高校で生徒に聞いたところ、急須でお茶を入れて飲む家庭が2割しかなかった」という記事を読み、へぇ~と驚いていたら、昼間の「いいとも」で、タモリさんがそのことを話題にしていました。毎食後お菓子付きのティータイムのある我が家では、息子もちゃんと急須でお茶を入れられますが・・・ これからの時代、貴重な体験をさせていることになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食卓に登場する生き物達

新たにブタさんのマグカップが加わり嬉しくなり、手持ちの”生き物が描かれた食器&箸置き”を広げてみました どれも愛らしいいきもの達ばかりで、使うたびに嬉しくなります♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指定の器

この料理にはこの器!というものが、何パターンかあります。 例えば、カボチャの煮つけ。水と砂糖と最後に薄口醤油少しだけで、さっと煮るのが家族好み。 で、盛るのは 古賀雄二郎さんの「灰釉片口鉢」 購入したのはもう10年以上前ですが大好きな器のひとつです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more