多治見から知多半島へ・・

初めて「青春18きっぷ」を使い、列車の旅に出ていました

多治見では美濃焼、織部の食器に目移りし、縁起の良い
カニの模様のお皿を含め数点購入しました(カニの鋏が
悪いこと、断ち切ってくれるとか??)

作者は佐藤和次氏と、息子さんの正士氏(マグカップ)、
中垣蓮司氏のもの。

でもこの多治見、ほんとうに暑く・・訪れた翌日は、39.8℃を
記録していました

宿は知多半島の海辺の町に
空には鳶が舞い(私が子どもの頃には、豊中にもいましたが)
蝶のモンキアゲハを、久しぶりに見ました

お土産は、多治見では「梅園菓子舗」で”バター入りどら焼き
→有塩バターの塩気がちょうど味のアクセントになっていて、
 絶妙な美味しさでした

知多では、「生せんべい」というものを見つけ・・
どう見ても、ういろうっぽいのですが、ま、これは食べてみての
お楽しみです

名古屋では熱田名物「きよめ餅」を
→安定の美味しさ
画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック